その他

【厄年】厄年って何?厄払い?厄除け?体調不良は厄年のせい??

こんにちは。だいです。

ちょうど僕自身、最近厄年を経験したところです。

前厄、本厄、後厄のこの3年間は色々な面で絶不調でした・・・

貯まらないお金原因不明の体調不良(謎の吐き気)、食の変化(大好きなコーヒーが突然のめなくなってしまった。飲んだ5分後に吐きます)

まあ多分お金が貯まらないのは自分のせいですがw

まあ、とにかく色々あったわけです。

上手くいかない事を全て厄年のせいにするのはいかがなものかと思いますが、

なんせ、ちょうど厄年にドンピシャな期間だったので、気になった事について自分なりにリサーチしてみました。

自分と同じく厄年のせいかな?と気になっている方の為に少しでもなれば幸いです。

ということで、厄年とはどんなものなのか。厄除け、厄払いについてなど、厄年とはどんなものなのかまとめました。

厄年とは

厄災(不幸な出来事、災難)が多く降りかかるとされる年齢の事です。
肉体的、精神的な変化が大きいとされる年齢を指し、体調や災いに気をつけるべき年とされています。

厄年になったら必ず悪い出来事が起こるわけではないので、根拠が無いので迷信とされている部分もあるようです。

しかし、厄除け・厄払いといった災いを避けるための行事がよく行われていることからも。ただの迷信で済ますことが出来ないのも事実です。

当てはまる時期

男性、女性であてはまる年齢は異なります。

男性は25歳・42歳・61歳、女性は19歳・33歳・37歳61歳が厄年に当てはまるとされており、前後の1年間に前厄、後厄があるので、本厄を含めた3年間は気を付けたほうが良い時期とされています。(男性の例:前厄24歳本厄25歳後厄26歳)※地域により異なる場合もあります。

さらに男性の42歳、女性の33歳の厄年を大厄といい、非常に災厄が多いとされているそうで、特に健康に注意するべき年とされています。

厄を回避するには?

厄を回避するために、神社で、厄払いお寺では厄除けの祈願、祈祷を受けることができます。

厄除け、厄払いの違い

厄除け

お寺で行う。災厄や邪気が寄り付かないように自身の身を守るために祈祷祈願を受ける事。

厄払い

神社で行う。災厄を取り除くお祓い。身についた邪気や穢れを祈祷により祓ってもらう事。

災厄や邪気が身につかないよう祈祷祈願するのが厄除け。
身についてしまった災厄や邪気を祓うのが厄払い。
違いとしては、予防と対処的な感じでしょうか。

日々の日常の中であまりにも不幸な出来事が重なったり、最近良くない事ばかり起こるといった場合にはお祓いを受けてみたほうが良いのかもしれません。←この場合は厄払い

僕自身、免許を取り、初めて車を購入した際に安全を祈願してお祓いをしてもらいました。←この場合は厄除け

厄年に起こったこと(体験談)

厄年と重なり現れた一番の変化は体調不良です。
具体的な内容としては

  • 一定の時間になると襲ってくる止まらない吐き気
  • のどの違和感
  • 空腹時の手足のしびれ、食べても吐いてしまう
  • 食の変化(体がコーヒーを受け付けなくなった)

などがありました。約一、二年間このような悩みに頭を抱えて生活していました。24歳(前厄の時期)
空腹時の手足のしびれ、止まらない吐き気は本当に苦しくて、日常生活にも支障をきたしました。

まず、以前は仕事終わりに友人、彼女などと出かけ、出先で夕食を食べることが多々あり、そんな生活を楽しんでいました。
それが出来なくなってしまったんです。外食をしていても吐き気が治まらず口に入れてもすべてトイレで吐いてしまう。(汚い話ですいません。)

あまりにも気持ち悪くて意識が飛びそうになったり、救急車を本気で呼ぼうと思った時もありました。(我慢して呼びませんでしたが。)

せっかくの楽しい時間を楽しく過ごせないあのやるせない時間はなんとも苦しい時期で、特に一緒にいてくれた彼女には迷惑を掛けました。

それからは外に出るのが怖くなり、仕事が終わり次第、空腹の時間が出来ないようにすぐに自宅で食事をするようになりました。

それと同時期にコーヒーが飲めなくなってしまいました。
飲むと5分ほどで吐き気に襲われるようになってしまったのです。

嫌いなわけではないんです。

だい
だい

前までは好きで毎日飲んでいたのに。

原因

では、それらの原因は何だったのか。苦しみからどのように解放されたのか。

結論から言うと今に至っても原因は分かっていません

ただ、心当たりがいくつかあり、それらを意識し、改善する事により、少しずつ症状を軽くすることが出来ています。

体調不良になった原因の心当たり、対処法

  • 一日3食食べない(基本的に朝食べない。休日は昼も抜き。)
  • 空腹時間が多かった
  • 寝不足
  • 生活習慣の乱れ(休日の昼夜逆転)

などがありました。

自身で推測するに、生活習慣の乱れ、栄養不足が大きな原因ではないかと考えました。

もう一つの心当たりは同時期にハードな筋トレをはじめ、筋肉量が増えたことで、消費するエネルギーと体に取り入れるエネルギー量がつり合わなくなってしまい、体内の栄養バランスが崩れてしまったのではないかという事です。

これらを考えるようになってから、生活面では生活習慣を見直し、寝不足の時間を減らすことを意識しています。

他にも朝、昼、夜はしっかりと食事をとり、さらに最近は3時と10時にはプロテインを飲むようにしています。空腹時間を極力なくすためです。

これらを実践することにより、最近は徐々に症状を改善することが出来ています。

ただ残念なのが何をしても大好きなコーヒーを飲めるようになることはありませんでした・・・

まとめ 体調不良と厄年の関係

色々な話をしてしまいましたが、結局のところ、体調不良は厄年のせいなのかどうか。

僕の場合は不幸な出来事や災難のせいで体調を崩したわけではなく、生活習慣、食生活の乱れによるものと考えます。

では厄年だから体調を崩したわけではないのかというと・・・

そもそも厄年というものは目には見えない不思議な悪い力が働くという事だけではなく、体調管理、健康に気を付けなければいけない時期であり自分の健康について見直す時期あるいは節目であるという考え方も出来るのではないでしょうか。

は年を取ると当然体が老いていきます。若返ることはありません。

そのように時が重なり、体が変化していく中で、不摂生な生活をしたり、体に負担がかかるような生活をしていると積もり積もって体調を崩したり、病気にかかったりしてその人にとっての災厄が起こります。

厄年と重なる時期には、何か目に見えないもののせいにするのではなく、
その時の自分の体が健康な状態なのか食事や生活習慣など、自身を一度見つめなおす必要があるのではないでしょうか。

僕自身、厄年を節目に健康について見直しました

僕にとって厄年は自分自身の体の健康状態を見つめなおすきっかけを与えてくれました。

もう二度とゴメンだけどね!

それではまた次回!

コメント

タイトルとURLをコピーしました