ゲーム・アプリ

【ウマ娘】プラチナ取れた?レオ杯結果 

こんにちは。だいです。

微課金プレイヤーのウマ娘チャンピオンミーティング、レオ杯の結果です。

今まで参加してきたチャンピオンズミーティングでは、決勝の結果は2着と3着。Aグループ決勝まで進めたのもののプラチナの称号に届かず。

くう〜。

今回のレオ杯はプラチナの称号目標に参加しました。

さて、今回は取れるかな。

レース内容

チャンピオンズミーティング:レオ杯
開催時期:8月24日12:00〜
レース内容:阪神芝2200m(中距離)右・内・晴れ・良場

参加リーグ

1着プラチナの山盛り報酬を目標にグレードリーグを選択。

レオ杯に挑むウマ娘

セイウンスカイ:逃げ
オグリキャップ:先行
シンボリルドルフ:差し
  • セイウンスカイ:芝S中距離S逃げA
  • オグリキャップ:芝A中距離A逃げA
  • シンボリルドルフ:芝A中距離A差しA

今回はこのウマコで出走w。レオ杯プラチナ目指していざ出走。

今回は約3週間程前から開催内容が告知されたため、ステータス、スキルなど上振れを狙って限界まで育成。

前もって育成したもののなかなかうまくいかずに開催日になってしまったのでエースであるセイウンスカイ以外はほぼ妥協という形に。

だい
だい

上振れ育成がなかなか出来なくて苦労したよ‥

ラウンド1

今回のエースであるセイウンスカイがさっそく活躍。

セイウンスカイが水着マルゼンスキーや差し、先行、追い込みに逃げ負けした時はオグリキャップ、シンボリルドルフが上手くカバー。

おかげで3勝以上することができ、初日からAグループに進出。

いいバランス♪

ラウンド2

ラウンド2でもやはり活躍してくれたのがセイウンスカイ。

逃げのコツ、良バ場、コンセントレーション、地固め
このスキルコンボが発動してくれた時の勝率は以上に高く、地固めの強さを実感。
緑スキルは大事ですね。

だい
だい

セイウンスカイ無双だ。

そしてラウンド2も初日から余裕を持って決勝ラウンド進出決定!

決勝ラウンド

ラウンド1.ラウンド2はそれぞれ1日4回の2日間計8回の出走チャンスがありますが、決勝ラウンドは再挑戦不可の一発勝負

この日のために約3週間の間に何回育成したことか〜

多分100は超えてる。気がついたらファン数爆上がりw

対戦相手にSランクが来ない事と出来ればセイウンスカイ潰しの水マルと当たらないことを願い、いざ出走。

メンバーはこの3人で。(忘れてて考える間もなくなく自動登録したことは内緒です。)

だい
だい

深呼吸してレースボタンをポチッとな‥

だい
だい

おや?これはメンバー的にワンチャンあるんじゃないか?

だい
だい

Sランクもいない!なによりも水マルがいない!!

だい
だい

9番セイウンスカイ6番人気。イケるか?

序盤

地固無事発動!

地固め発動でいいスタートを切ることができ、ワンチャンありそうな決勝は最高の出だし!

だい
だい

このまま最後まで1着で頼むよ・・・

中盤

まだセイウンスカイが1着をキープ。

後ろのオグリキャップもいい位置に。頼もしい葦毛の怪物。

だい
だい

今回はオグリも活躍してくれたよ。賢さはやっぱり重要なのかもしれないね。

中盤でも脱出術などのスキルを活かしてセイウンスカイが先頭をキープ。

レース終盤のコーナーで先頭にいるとこれ幸いと加速力をあげる最強固有スキル
アングリング×スキーミング発動まであと少し。

これ幸いって具体的にどのくらい上がるんだろうw

終盤

アングリング×スキーミング無事発動!

上のコースグラフ(?)を見ても分かる様にセイウンスカイ固有スキルの加速力が本当に強すぎる。

2番手との距離の差が開いていくのが見ていて本当に気持ちええ。

だい
だい

強い!強すぎる!

勝ち申した。

最後まで先頭をキープして1着ゴールイン!

セイウンスカイは本当に強かった!

レオ杯結果

という事でチャンピオンズミーティング初プラチナ称号を無事入手することが出来ました!

今回のMVPは間違いなくセイウンスカイ

まとめ

今回のレオ杯にでは、逃げウマの地固めスキルというものが活躍しました。

優勝することが出来た要因としては水マルと当たらなかった事が大きいと思います。

水マルに地固めやセイウンスカイの固有スキルを継承したものとマッチングしていた場合、またプラチナの称号を入手する事ができていなかったかもしれません。

結局はマッチング運ですね。

あとセイウンスカイの固有スキルを潰したくなかったので水マルはベンチ待機でした。

セイウンスカイと水マルを同時出走させてみたところ、お互いの良い部分を見事に潰し合ってくれて本当に引退しようかと思った。

だい
だい

セイウンスカイは最終コーナーで1着じゃないと厳しいからね。

例えば差しと差し先行と先行などでも、立ち回りが同じなので同じ脚質では邪魔しあってどちらかが犠牲になってしまう場合があるかもしれない。

なので、脚質適性は出来るだけ違うものにし、逃げのウマが逃げ負けしてしまった場合、先行、差し、追い込みウマでカバーできる様なチーム内容が理想だと思いました。

それが難しいんだけどねぇ。

3体もエース級のウマ娘を育てるのはよっぽど運に恵まれるか、時間に余裕のある場合ではないと難しいと思うので、
均等に育てるよりも、一体だけでも負けない自信のあるウマ娘を育てる事が重要かもしれません。

次回チャンピオンズミーティングに向けて空き時間に少しずつまた育成しよう。

ではまた次回!

コメント

タイトルとURLをコピーしました